警備員には、様々な資格制度がありスキルアップを図れます!

街やくらしの安全・安心に関わる重要な仕事です。警備の仕事はお客様の生命・身体・財産などが侵害されないように、事件や事故の発生を防ぐ社会的責任の重い、やり甲斐がある仕事です。

エムアイディの主要な警備業務としては、

1号警備(施設警備・私服保安警備)

【施設警備】商業施設、病院、ホテルなど様々なタイプの施設に常駐し、システムではカバーできない業務を人の五感を最大限に駆使して行う警備業務です。

【私服保安警備】昨今のテレビ報道等で報じられ、社会問題にまでなっていることはご承知の通りです。商業施設での万引きの防止・抑制することにより、店舗の商品(お客様の財産)を護ることで、安心・安全で健全な地域社会の発展に寄与します。

2号警備(交通誘導警備・雑踏警備)

【工事現場】通行人や通行車両への的確な誘導を行うことはもちろん、スピーディーに整然と安全を確保し、交通渋滞や事故の発生を未然に防止する警備業務です。

【交通規制】自社保有の豊富な規制資機材・規制車を使用し、片側交互通行規制・車線減少規制等を行います。規制資機材の持込・設置作業から撤去作業までを行い、安全を確保します。

【駐車場警備】主に商業施設駐車場の出入口での入庫・出庫誘導、歩行者・自転車等の安全確保を行います。店舗の顔となるため、接客のできる警備員をテーマに警備を行います。


また、警備員には様々な資格制度がありスキルアップを図ることができます。警備の中には資格者を配置することを義務付けられているものもあり、資格取得者は能力のある警備員として優遇されます。

主な資格としては、

  1. 検定合格警備員
    警備業務ごとに必要なそれぞれの知識や能力について各種検定が行われています。経験やレベルに応じて1級と2級があります。警備業の種別によっては、警備現場にこれら検定合格者の配置を義務付けているところもあります。
  2. 警備員指導教育責任者
    警備業者は営業所ごとに、警備業務の区分ごとにこの資格者を選任しなければなりません。選任された警備員指導教育責任者は、警備員の教育を行うほか、法令に基づいた書類の作成をし、適正な警備業務を行うよう指導監督をする業務を行います。